• instagram
  • twitter
  • facebook
 
NEWS

ニュース

早稲田大学睡眠研究所と共同研究を開始

■ CBDの眠り効果の共同研究が実現

株式会社DropStone(本社:東京都台東区、代表取締役:中川 智裕、以下:DropStone)は、 日本製CBDブランド「Greeus(グリース)」のCBDオイルで睡眠効果の臨床試験を早稲田大学睡眠研究所(早稲田大学スポーツ科学学術院准教授、精神科専門医、睡眠医療認定医 西多昌規氏)と共同研究を開始します。

■ 睡眠研究の背景と目的

CBDをお求めいただくお客様の多くは「睡眠」に悩みを持っています。CBDの研究・実験の論文は海外ではいくつか見受けらるものの、日本国内での治験は進められていないのが現状です。

 

SNSや通販サイトの口コミでCBDの効果効能については注目をされ、ブームになりつつある新しい成分ではありますが、我々はブームで終わらすことなく、必要な人たちにきちんと届けたいという想いから、CBDの睡眠効果について正確に理解をするため、数多くの睡眠研究の実績がある早稲田大学睡眠研究所 所長の西多昌規氏と共同で臨床試験を開始することに決めました。

■ CBDオイルを用いた睡眠研究の概要

【研究内容】 ライフスタイルの変化によって睡眠障害を訴える人が多くなってきています。不眠の原因は、ストレスや心身のバランスの乱れ、痛み等、要因は様々です。睡眠薬を使用しない非薬物的アプローチの中で、CBDの「睡眠サポート」も期待される成分の1つです。を実際に使用し、睡眠導入や睡眠の質が改善されるかを実験します。

【対象者】30代〜40代の働き盛りの会社員。禁煙者、CBD未経験者。実験日は禁酒で行います。

実験参加者には寝る前に、Greeusの「CBDオイル」か、CBDが入っていないオイルのどちらか1つを飲んでもらいます。CBDオイル有り無し、そのどちらかのオイルで計3回の睡眠状態を計測します。脳波計による入眠潜時、睡眠効率および睡眠段階、定量脳波解析、心拍変動解析、体温データなどで評価します。

■ 研究に使用するCBDオイル

【商品概要】
商品名:CBD Oil 〜 Natural 〜(シービーディーオイル〜ナチュラル〜)
内容量:30ml / CBD1500mg 9,800( 税込) 、10ml / CBD 500mg 3,996( 税込 )

CBDオイル

CBD オイル

インドネシア産のココナッツ中鎖脂肪酸油100%使用。一般的な長鎖脂肪酸と比較して消化、吸収スピードが速く、体脂肪になりにくいとされています。気分に合わせて飲む量を調整しながら健康サポートにお役立て頂けます。


CBDオイル商品ページへ

MCTオイルとブロードスペクトラムCBDが配合されたCBDオイル。
ブロードスペクトラムCBDとは、CBDの他にも複数のカンナビノイドが入っており、よりCBDの働きを高めてくれるといわれています。MCTオイルはインドネシア産のココナッツ中鎖脂肪酸油100%を使用しており、一般的な長鎖脂肪酸と比較して消化、吸収スピードが速く、体脂肪になりにくいとされています。 そのまま直接飲んだり、お好きなドリンクに入れて飲んでも楽しめます。

■ 早稲田大学睡眠研究所 所長 西多昌規氏 プロフィール

早稲田大学睡眠研究所 所長、早稲田大学スポーツ科学学術院 准教授。 1996年東京医科歯科大学医学部卒業。2005年ハーバード大学医学部客員研究員、2008年東京医科歯科大学助教、2011年自治医科大学講師、2015年スタンフォード大学医学部客員講師を務める。 専門は、精神医学、睡眠医学、スポーツ医学。メンタルヘルス(産業メンタルへルス、アスリートのメンタルケアなど)にも詳しい。身体運動に着目して、睡眠やメンタルなど健康面の増進に貢献する研究を行っている。

■ 【西多所長のコメント】

日常生活でのストレス、最近では増加する在宅時間やリモートワークによって、睡眠の質に悩む人が増えています。できれば薬剤には頼らず、自然な方法で眠りを充実させたいという人は少なくありません。 睡眠のためのサプリメントはこれまでにもいくつか市販されていますが、それらのサプリとは異なり、CBDはセロトニンなど神経伝達物質を介し、睡眠作用をもつ可能性があります。この作用を今回の研究において実証して、眠りに対してエビデンスのある有力な選択肢を提供できればと考えております。